ニキビ跡 皮膚科

ニキビ跡で皮膚科に通うかお悩みの方へ

「ニキビ跡で皮膚科に通うかお悩みの方へ」がイメージできる画像02

洗顔もスキンケアもきちんとしているのにニキビ跡が治らない、とお悩みの方も多いと思います。
皮膚科に通うにもニキビ跡くらいで通うのは大げさ!?とか皮膚科で本当に治るのか?とか
費用面が心配・・・とか色々不安もあると思います。

 

ニキビの状態だと皮膚科での治療は、外用薬や抗生剤が処方され、
軽いニキビだと保険適用内で治療することが可能です。

 

しかしニキビ跡となると、美容皮膚科の範囲内になり
保険適用が効かないものがほとんどでかなりの費用がかかってしまいます。

 

私も20歳頃からニキビが増え続け、きちんとケアもせず不摂生をしていた為
ニキビは治ってもその後のニキビ跡が治らずにずっと厚いファンデーションで隠して来ました。

 

けれどいくらメイクで隠してもメイクが崩れてくるとニキビ跡が現れてくるし
肌もごわごわ、赤みや黒ずみ、デコボコなど本当に汚い肌で
そんなニキビ跡にずっと悩まされ続けていました。

 

ニキビ跡に良いとされている方法やスキンケアを色々試して全く効果の無かったものもありますし、
皮膚科にも通いましたが、ニキビはましになってもニキビ跡を完治することは出来ずにいました。

 

けれど今では、ニキビ跡の赤みや黒ずみなど全く気にならなくなり、デコボコも浅くなり
肌質も柔らかくなって、ニキビ跡が治らない!という悩みはなくなってしまいました。

 

そんな私がニキビ跡を克服した方法をご紹介したいと思います。

 

もし今『ニキビ跡が治らない』をお悩みの方がいたらあきらめないで下さい!
きっとお役に立てると思います。


皮膚科でのニキビ跡の治療とは

ニキビは皮膚科へ〜というコマーシャルもある通り、にきびが出来たら皮膚科に通うと
外用薬や抗生剤などが処方され、軽いニキビなら保険適用内で治療する事が可能です。

 

けれどもにきびの状態から悪化して、炎症を起こした赤いニキビ跡や、
皮膚が凹んでしまいデコボコになった状態や、黒ずみ、赤みが残る赤ら顔、
色素沈着などといったニキビ跡は皮膚科ではなく美容皮膚科の治療になります。

 

美容皮膚科での治療法

 

ケミカルピーリング

角質細胞の一部を除去することによって、肌の表皮のターンオーバーを促します。

 

レーザー治療

レーザーを照射することにより皮膚に極小のに穴を開けダメージを受けた組織を排出し、
なコラーゲン産出が促進され肌を再生させます。
皮膚科によって使っている機器が異なり色々な種類のレーザー機器が存在します。

 

フォトフェイシャル

特殊な光によってメラニンにダメージを与えることでお肌の美肌・美白効果をもたらします。

 

イオン導入

ビタミンC誘導体を電流の流れに乗せ、肌の深部へと送り込んで
ビタミンC誘導体の肌への浸透性を高める治療法です。

 

ヒアルロン酸注射

凹凸のクレーター状のニキビ跡にヒアルロン酸を注入し、肌に張りを与えて凹凸部分を目立たなくします。

 

このほかにも皮膚科によって様々な治療法があります。
美容皮膚科では短期間でほとんどのニキビ跡が改善されます。

 

しかしデメリットとしてはかなり高額になるという事です。
だいたいピーリングやレーザーで一回5000円〜10000円程。
注射や点滴で10000円前後かかります。
しかも一回では効果は出ないので通院しなければいけません。
ですので総額は数万円〜数十万円掛かる事もあります。

 

その他のデメリットとしては、痛みを伴う事もある、施術後はメイクが出来ないなどがあります。

 

お金に余裕があれば美容皮膚科を受診するのがよいのでしょうけれど
私はそこまでの金銭面の余裕はなかったので保険適用の治療しか出来ずにいました・・(-_-;)

自宅で治すニキビ跡の対策方法

ニキビ跡は皮膚科で治す事のが一番手っ取り早いのですが
結構高額なので通うのに躊躇する方もいると思います。
自宅でなんとかケア出来ないのか色々調べたので自宅でできるケアの方法をご紹介します。

 

自然にニキビ跡を治すためには肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーを促進する必要があります。
人間の肌はだいたい228日周期で古い肌が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わります。
このターンオーバーをスムーズにするためには生活習慣を見直す必要があります。

 

自宅で出来るニキビ跡の対策方法

 

ニキビに刺激を与えない

ニキビを触ったりつぶしたりすると肌自体が傷になりニキビ跡になります。

 

洗顔のしすぎに注意

ごしごし洗顔は絶対にNG。顔の洗いすぎも乾燥の原因になるのでやめましょう。

 

保湿をしっかりと

肌が乾燥すると角質層が厚み増しターンオーバーが正常に行われません。

 

質の良い睡眠をとる事

出来れば22時から26時の間には寝るようにしましょう。

 

適度に運動する事

適度な運動は体の代謝をあげるうえに、ストレスの解消にもなります。

 

バランスの良い食事をする事

ターンオーバーを促すたんぱく質や、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛など
意識して取るようにしましょう。
足りない栄養素はサプリメントなどを活用するのも良いです。

 

紫外線対策はきちんと

ニキビ跡に紫外線を浴びることで色素沈着を起こし、シミのようになってしまいます。

 

赤みにきび跡にはビタミンC

ビタミンCは皮脂を抑えたりニキビの炎症を抑える他、しみなどを薄くする効果もあります。

 

色素沈着したニキビ跡にはピーリング

ピーリングによって古い角質層を除去しターンオーバーを正常化します。
ドラッグストアなどでゴマージュやスクラブ、ジェル状の洗い流すタイプなど、いろいろ販売されています。

私がニキビ跡を治した方法

皮膚科でのニキビ跡の治療はメリットデメリットがあって金銭的につらい私は
やはり地道に治すしかない・・・・と言う訳で私がニキビ跡を改善した方法をご紹介します。

 

上記に書いたような睡眠をしっかり取って、適度な運動をし、バランスの良い食生活・・・
などと言うのは体にも良い事だしそうできるといいのですが、なかなか実行するのは難しいですよね。

 

私も一応心がけようという程度で、生活習慣をがらっと変えることは出来ませんでした。

 

その代わりいつも行っている洗顔はごしごし洗わないようにしたり、
朝は洗顔料を付けずにぬるま湯で洗うようにしました。

 

次にピーリングもしましたが、肌がピリピリとして痛みを感じたのですぐにやめました。

 

プラセンタやビタミンCの原液などを化粧水に混ぜていた事もありましたが
激的な効果は実感できず値段も結構高額なのでやめました。

 

他にも色々ニキビ跡に良いとされる化粧品を試しましたが、一番効果を感じられたのが
リプロスキンと言う化粧品でした。

 

リプロスキンもいつものように効果を感じられないのだろうなとあきらめ半分で使っていたのですが
一本使い終わる頃にはニキビ跡が薄くなって、
デコボコの部分も完全は治りませんが少しマシになっていました。
肌もふっくらと明るい感じになりました。

 

少しさらっとしているので保湿力には掛けるので、最後に目元や口元だけクリームを使うようにしたら
肌が見違えるようになりました。

「私のニキビ後に効果があったランキング!」がイメージ出来る画像01 「私のニキビ後に効果があったランキング第1位はパルクレール!」がイメージできる画像01 「私のニキビ後に効果があったランキング第2位はリプロスキン!」がイメージできる画像02 「私のニキビ後に効果があったランキング第3位はプロアクティブ!」がイメージできる画像02